ワキの黒ずみの予防や対策・解消のための方法について発信しています。

ワキ黒ずみレスキュー※予防・対策・解消方法について紹介!

ワキの黒ずみが気になる。どう対策したらいいの?

知らず知らずのうちに濃くなってくるワキの黒ずみ。

ファッション傾向や生活スタイルの変化により、夏だけでなくワキのむだ毛のお手入れをオールシーズン欠かさないという女性も多いですよね。

むだ毛のお手入れ回数が増えることで、黒ずんだワキに悩まされることも・・・。

ワキのお肌はデリケートだからこそ、負担を少なくしたり、どのようにムダ毛ケアや肌のお手入れをしていくかにも注意が必要です。

当サイトではワキの黒ずみ対策に関する情報について発信しています。

どうしてワキの黒ずみができてしまうの?

黒ずみというと、小鼻や頬などによく見られる毛穴の詰まりによって出来る黒ずみを想像する方も多いかもしれません。

しかし、黒ずみと言うのは、基本的に毛穴があるところにはどこにでも出来る可能性があります。

特に、刺激が与えられやすかったり、ホルモンの影響を受けやすい部位は黒ずみやすくなるんです。

中でも特に黒ずみが目立つのはワキです。

ワキの下は洋服でこすれてしまったり、
ムダ毛処理のためにシェーバーを使うことで肌が傷つくことで黒ずみが目立ちやすくなります。

それにムダ毛の処理の回数が他の部位よりも多くなりがちであることも理由のひとつです。

ワキの黒ずみのメカニズム

ワキの黒ずみは、主に毛穴の詰まりと色素沈着です。

毛穴の詰まりは、汚れがきちんと落としきれていないというものや、
皮脂分泌が過剰になり、黒ずんでしまっているのです。

色素沈着というと、「紫外線が当たる部分じゃないのに」と思う方も多いでしょう。

確かに、色素沈着は紫外線を浴びることによってメラニン色素が生成され、
それがきちんと排出されないことで起こります。

でも、色素沈着が起こるのはそれだけが原因ではないんです。

メラニン色素と言うのは、外部の刺激から肌の細胞核を守るために生成されます。

外部の刺激は、紫外線のダメージだけではなく、肌の摩擦などもあります。

つまり、シェーバーで肌を傷つけたり、洋服や腕の摩擦によっても刺激が与えられています。

そのため、ワキの部分のメラニン色素が大量に生成されて、
それが色素沈着として残ってしまい黒ずみになってしまうんですね。

ワキの黒ずみは普段は目立つことがないものの、
着る洋服のタイプによってはとても目立つので予防や対策が重要となります。

ワキの黒ずみ予防・対策方法

Copyright© ワキ黒ずみレスキュー※予防・対策・解消方法について紹介! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.